年金相談、労働保険、社会保険、労務管理のプロ集団
徳島県社会保険労務士会


個人情報保護基本方針 トップへ戻る

新着トピックス

徳島県社会保険労務士会新着トピックス

PDF・Word等のファイルが表示されます。

◆セクシュアルハラスメントによる精神障害の労災認定について

2014年12月27日

厚生労働省では、労働者に発病した精神障害が業務上として労災認定できるかを判断するために「心理的負荷による精神障害の認定基準」を定めています。
認定基準では、発病前のおおむね6か月間に起きた業務による出来事について、強い心理的負荷が認められる場合に、認定要件の一つを満たすとしています

厚生労働省は、平成26年12月24日、業務による出来事のうち、セクシュアルハラスメントについての評価方法や、労災請求に関する相談、手続きの方法などを記載したリーフレットを作成しました

URL:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/panphlet_3.pdf

◆労働契約法特別措置法の成立について

2014年12月01日

11月21日、労働契約法の特別措置法が成立し、平成27年4月1日から
施行となることとなりました。

昨年4月の改正労働契約法において、「二以上の有期労働契約を通算して5年を超える場合」で、
かつ「労働者が無期労働契約への転換を申し込んだ場合」は、
使用者は当該申し込みを承諾したものとみなすという、
いわゆる「無期転換権」の規定が新設されました(第18条)。

本法は、以下(1)(2)の労働者について、この無期転換権の例外を設けるというものです。

(1) 賃金が一定額以上の専門的知識等を有する有期労働者であって、
 5年を超える一定期間内(上限10年)に完了が予定されている業務に就く者

(2) 定年後に有期契約で継続雇用される者

具体的には、次のような取り扱いとなります。

・(1)については無期転換権発生までの通算契約期間を10年に延長
・(2)については継続雇用の期間を通算契約期間に算入しない

ただし、いずれも雇用管理措置に関する計画を厚生労働大臣に提出し、
特別措置を適用するための認定を受けることが例外取扱いの要件
となっています。

詳細は、下記{厚生労働省}をご参照ください。

URL:http://www.ohno-jimusho.co.jp/news/pdf/news20141128.pdf

◆徳島県の最低賃金が改正されます (発効日 平成26年10月1日)

2014年10月03日

徳島県の最低賃金が時間額13円引き上げられ、1時間679円と決定されました。発効日は平成26年10月1日です。

※最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。

◆厚生年金保険70歳以上被用者算定基礎・月額変更・賞与支払届等の電子申請について

2014年07月08日

 平成26年7月8日より「厚生年金保険70歳以上被用者算定基礎・月額変更・賞与支払届」等の手続きが、電子申請の際に「提出代行に関する証明書」の画像ファイルを添付することで、事業主の電子署名を省略することができるようになりました。
 詳細につきましては、以下URLをご参照ください。

URL:http://www.shakaihokenroumushi.jp/social/topics/2014/0707.html

◆電子申請について

2014年06月18日

電子申請を行っている社労士及び事務組合の照合省略に関する書類は下記URLでダウンロードできます。
電子申請開始前に必要な書類です。

また、電子証明の発行、更新に関して県会では補助を準備しています。
発行検討中の方、更新時期の方は、事務局までご確認ください。

URL:http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_hoken/densisinsei.html

◆「改正雇用保険法」の成立 本年4/1および10/1施行予定

2014年03月29日

【改正雇用保険法】
(項目)
 ・育児休業給付の充実
 ・教育訓練給付金の拡充及び教育訓練支援給付金の創設
 ・就業促進手当(再就職手当)の拡充
 ・平成25年度末までの暫定措置の延長(3年間)

URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-01.pdf

◆地域別最低賃金の全国一覧(平成25年10月)

2013年10月14日

平成25年度の地域別最低賃金の改定審議が、今月10日までにすべての都道府県で終了し、47都道府県で時間額11円から22円の引上げが行われました。

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.html

◆徳島県最低賃金が改定されます!(発効日 平成25年10月30日)

2013年10月14日

徳島県の最低賃金は1時間666円と決定されました。発効日は平成25年10月30日です。

※最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。

URL:http://tokushima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/1222/1227/saitin01.html

◆社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRP認証制度)第10回認証の実施について

2013年08月16日

 SRP認証制度は、社会保険労務士事務所として個人情報の保護に適切に取り組んでいることを連合会が認証する、社会保険労務士独自の制度です。
 この認証を取得することにより、社会保険労務士事務所における個人情報保護に関する規程を改めて整備し、「目に見える形」で事務所職員に個人情報の適正な取扱いを徹底することができ、また、取得後においては、SRPマークを名刺、ホームページ等に表示することで、「目に見える形」で高い意識を持って個人情報保護に取り組んでいることを顧問先事業所等にアピールできるものと考えております。
 詳細は、下記連合会ホームページよりご確認ください。

URL:http://www.shakaihokenroumushi.jp/social/approach/index06.html

◆8月1日から高年齢雇用継続給付などの支給限度額が変わりました

2013年08月07日

厚生労働省では、「毎月勤労統計調査」の平均定期給与額の動向を基に、8月1日に高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付の支給限度額を改定しました。改定後の支給限度額は以下のとおりです。

<高年齢雇用継続給付>(平成25年8月以降の支給対象期間から変更)
 支給限度額  343,396円 → 341,542円
 最低限度額   1,856円 →  1,848円

<60歳到達時等の賃金月額>
 上限額 450,600円 → 448,200円
 下限額  69,600円 →  69,300円

<育児休業給付>(初日が平成25年8月1日以降の支給対象期間から変更)
 上限額 214,650円 → 213,450円

<介護休業給付>(初日が平成25年8月1日以降の支給対象期間から変更)
 上限額 171,720円 → 170,760円

URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/h250801_leaf02.pdf



徳島県社会保険労務士会
  〒770-0865 徳島市南末広町5番8-8号 徳島経済産業会館(KIZUNAプラザ) 2階
  Tel:088-654-7777 Fax:088-654-7780
Copyright(C) SR-TOKUSHIMA. All Right Reserved